FC2ブログ
こんにちは!さくらんぼ動物病院です(^^)ノ
 
 
今月も看板猫のブライアン&エマは寄生虫予防薬をちゃ~んと付けましたよ♪
 
ちなみに当院では、5月からは「フィラリア症」予防の案内をスタートします!

フィラリアは蚊から移る寄生虫で、犬のイメージがありますが
猫ちゃんにも移るため、病院以外では家から出ないよ~という子も
予防をおすすめしています。

猫ちゃんは犬のように簡易検査での発見が難しく
心臓や肺に寄生し、増殖して症状がでてきてからの発見が多く
発見時には手遅れ・・・・ということも

そうなってしまう前に!
防いであげられるものは、防ぎましょう!

当院で処方している予防薬は
ノミ・マダニと一緒にフィラリアや回虫などの虫下しまで1本の予防薬でできて安心
オールインワンの”ブロードライン”を取り扱っています。



ワンちゃんは、食べるタイプで同様にノミ・マダニ・フィラリア予防を
まとめて予防できちゃうオールインワンタイプの”ネクスガードスペクトラ”をオススメしています!



今まで、ノミ・マダニは食べるタイプで、フィラリアは別のものを与えていて
1回に2種類のお薬を与えていたので混乱していた・・・という飼い主さんも多くいらっしゃいます。
そんな悩みを1粒で解消してくれるのが、オールインワンタイプのいいところ♪
昨年からこのタイプに換えてみて「楽チンだったから今年も継続!」というリピーターの飼い主さんも多いです

予防薬は獣医師と相談し、犬はフィラリア症に感染していないか
簡易検査を必ず受け、お薬を処方してもらいましょう~♪



まずはエマちゃんから!

相変わらず何をされているか分かっていないので・・・
おとなしく出来ました

続いてブライアン!

相変わらずイヤイヤ・・。においが苦手なのか、液体がつくのがイヤなのか・・・
おりこうさんに頑張れました!


おまけ

「ブライアンは車は平気?」という質問をよくされます

何度も繰り返し乗り、ご褒美を与え平気になりました!
毛づくろい、香箱すわり、お昼寝までします♪



2ヶ月ごろのワクチンデビューのころから
病院だけではなく、当時住んでいた場所から実家への30分程度のドライブや
病院開院前には、片道1時間弱のドライブにつき合わせたり・・・

車の中で、鳴かずにキャリーに入っていられたら20分~30分ごとに
フードを1粒あたえ、休憩タイムにはキャリーから出してひざの上で
またフードを1粒あたえて「車でもいいことがあるよ!」と繰り返しましたね

ちいさな頃からの習慣やご褒美ありでのトレーニングって大切です。
ケージやキャリーケースに入ることも、繰り返すことで慣れてくれます。

予防関連も大切ですが、しつけ(トレーニング)についても
ご相談いただければお力になれることもありますので
お気軽にご相談くださいね~



-------------------
さくらんぼ動物病院
TEL 0566-91-1512
休診日:火曜日終日、金/祝日午後

6月 受付時間変更
15日(土) 午後17:00~18:45へ変更
-------------------
スポンサーサイト
病気や予防

今月もしっかり予防♪

2018/11/21 Wed 16:01

こんにちは!嫁ちゃんです(^^)/
 
今月も15日に、看板猫の「ノミ・マダニ・フィラリア症予防」の予防薬をつけましたよ♪


 
まずはエマちゃん!



お利口さんに大人しくできたね♪



何をされているのかはわかっていません(笑)

なので怒りも、嫌がりもしませんでした。



続いてブライアン。

普段は診察台に平気で乗れるのに、予防薬の日はイヤイヤさん。



抱っこしているとよじ登り、おろして逃げないようにしていると後ろに下がり…😓

察した時と、終わった後はこんな顔に・・・



そんな顔しなくてもいいじゃない・・・。


ブライアンやエマは、病院への出退勤時しかお外には出ませんが
お外には変わりなく、またスタッフの出入りや患者様の出入りもあり
室内飼いでも予防薬を切らさず続けています(^^)/

今月も安心だね♪



お揃いのパーカーでツーショット💛 (?)

日に日に寒くなって冬らしくなっています。
気温に敏感な小さな家族の寒さ対策も忘れずに!

もちろん、飼い主様ご家族みなさんも
風邪などにお気を付けくださいね🌞


嫁ちゃんでした♪
病気や予防

犬の咬みグセ解決塾

2018/10/04 Thu 12:33

どうも、こんにちは♪ 久々に登場の院長です。

最近多くの飼い主さんから相談をいただくのが「しつけ」について。
飼い始めたばかりの方はもちろん、それなりの年齢になった子でも相談を受けることがあります。

内容は様々で・・・飼い主さんがいなくなると吠えたり、体調が悪くなる(分離不安)、耳や顔まわりを触ると怒る、いろんなものを食べてしまうなどなど。

特に多いのが「咬みグセ」

ワンちゃんとスキンシップを取ろうとすると咬まれる、甘噛みが小さい頃から止まらない、耳掃除や爪切りができないといった相談が多い印象です。

自分自身もトレーナーさんに教えていただいたり、勉強をしたりしてますがワンちゃん1人1人がちがうので難しいと日々感じています(ー_ー;)
そんな中、僕の大学の先輩である奥田先生が咬みグセについての本を出版いたしました!

その名も「犬の咬みグセ解決塾」

犬の咬みグセ解決塾

まだ、最初の方しか読めていませんが・・・(ー_ー;)
とてもわかりやすい文章で書いてあり、一つ一つ丁寧に説明してくれています。
これを読めば100%大丈夫というわけではありませんが(本の中にもそのように書いてあります)、どのように向き合っていくか、今までのやり方は間違っていないか、どういったことを相談すべきなのかなどがわかるのではないかと思います。

今までこういった本はなかなかなかったと思います。
全国の書店に並んでいるようなので(碧南の書店にも並んでいましたよ!)、悩んでいる方、興味がある方は是非手にとって読んでいただけるといいかなと思います。オススメです♪

自分自身も行動学についてさらなるレベルアップを目指していきたいと思います。

ではでは、久々の院長でした(*´∀`)ノシ
病気や予防
 | HOME | Next »