fc2ブログ
こんにちは!
さくらんぼ動物病院です

引き続きしつこいようで、すみません!

フード10%OFFキャンペーンは2月注文・購入が対象、大変好評をいただいております。
おうちの子のフードのあまり具合などはこまめにチェック、少なくなってきたら早めのご注文を!
フード呼びかけ

フードについて、よくご相談いただくのは、一般食(市販のフード)と療法食(動物病院販売のフード)の違いです。
当院では、フードについて悩んでいる飼い主様へ、少しでも違いがあることを知っていただきたく、フードについての掲示も始めました。

フードの違いについて

ちょっとでも、興味がありましたら獣医師へご相談ください
変えてみようかな~食べるか心配だな~という方には、サンプルの子袋も用意してありますので気軽にチャレンジできますよ♪


フェイスブックでもお話をしましたが…

先日、サロン看板犬の双子ちゃん、ぽぽな・るるなちゃんたちの健診での尿検査で、ぽぽなちゃんの尿からストラバイト(ストルバイト)といって、尿の中に結晶が見られました。
この結晶がある状態が続くと膀胱炎になったり、結晶がくっつき大きな塊(尿結石)となると、手術しなければならないこともあります。
男の子の場合は詰まりやすく腎臓など内臓への負担が大きくなり、最悪の場合は死に至る場合も・・・。

イラストにすると、こんな形のものが見えます。
ストルバイトと結石イメージ

年齢に関係なく、結晶が見られる子もいます。
尿検査をして、初めて結晶があるのかが分かります。

嫁ちゃんの実家のオス猫も、何度か膀胱炎になり緊急処置(点滴と膀胱洗浄)を行いました。
今は、フードのコントロールによって、再発はみられなくなり、安心しています(*^▽^*)

もし、頻繁にトイレにいったり、長時間トイレで踏ん張っていたり、痛そうにしていたら早めの受診をおすすめします。


動物病院から処方できる療法食のなかには、こういった症状をうまくコントロールできる内容のフードもあります。
フードでコントロールすることによって、膀胱炎や手術など痛い思いをさせない予防になります


モチロン、そうでなくても健康維持のためや、アレルギー持ちの子のためのフードもございます。
おうちの子に合わせたベストなフード選びをしていくお手伝いをしていますので、気軽にご相談くださいね♪


本日、2月12日は午後から院長不在のため、午後休診となります。
ご迷惑をお掛け致します。


----------------------------
ちょっとした悩みや質問で、来院しにくい!という飼い主様、ぜひLINEをご利用ください♪
友だち追加
ともだち追加でクーポンもらえるよ
----------------------------

クチコミサイトにもページができました!



スポンサーサイト



病気や予防